八丁堀 鮨處 司

東京都中央区八丁堀1丁目8番1号

ご予約/お問合せ ℡03(3552)8207

地図、アクセス

其の二十四

時間の鐘

鐘9か所といって、江戸中に公認されたものが9か所ある。


石町の鐘

上野の鐘

浅草の鐘

芝の切通しの鐘

市ヶ谷八幡の鐘

目白不動の鐘

本所横川の鐘

四谷天竜寺の鐘

赤坂田町の成満寺の鐘


の9か所。


鐘撞料(かねつきりょう)は普通間口1間につき、月に3文が決まり。

大名は石高によって、それぞれ徴収されている。

加賀の前田は年間5両くらい支払っていたというから、10万石くらいの大名で年間2分くらいか。

この鐘撞料は幕府によって料金徴収が認められている。今でいうところの公共料金!

自分は耳を押さえているから聞いていないと言っても、支払わなければならない。(どこかの公共放送に似ているかも)


時の鐘は必ず“捨てがね”というものを3回撞く。

したがって時刻を知るのに、はじめの3つは勘定に入れない。

どこの鐘楼にも必ず鐘撞番といって、ただ鐘を撞くことだけを仕事にしている者がいる。


時の鐘のほかにも、時を知らせるものに“番太郎”というものもいる。

番太郎は町内に必ず1人はいて、拍子木を打ちながら町内を回って「七つでござい」「七つ半でござい」といって時を知らせる。

吉原でも夜に2回、各楼内で拍子木を打ってまわって時を知らせていた。それは九つ(ひけ)と八つ(大びけ)。

九つは今でいうところの11時台、八つは夜中の1時か2時!

江戸っ子もずいぶん遅くまで遊んでいたようである。なんだか他人とは思えない親しみさえ感じる。



補足:


江戸時代の金、銀、銭も現在と同じ変動相場制で、

およそ、1両 = 4分 = 4000文

江戸初期は1両が10万円くらいの価値があったので、

1分 = 2万5千円

1文 = 25円


大まかな物価は、

米1升 = 150文(3750円)

酒1升 = 200文(5000円)

てんぷらそば = 32文(800円)

床屋代 = 32文(800円)

だったらしい。